カテゴリー「奇妙な癖」の5件の記事

悪い癖・・・。

よくドラマとか映画で、俳優さんがパソコンをいじる所があります。

中を改造してメカニック気取り~というワケではなく。

キーボードでタイピングをする事です。

で、毎回ある一つの視点から見てしまってます。

それは、如何にいいかげんなタイピングかどうかです・・・。
一応、私はタッチタイピングできますので、何だか気になってしまうんです。

正直、殆どの場合はムチャなタイピングで、特にホームポジションとは著しくかけ離れたポジションでやってるのもありまして。
それは、左手は普通っぽかったんですけど、右手人差し指をエンターキーのところに置いてましたね・・・。
それでタイピングとか言われても・・・。
でも、画面はやっぱり普通に文字が打ち込まれてました。

せめてホームポジションだけでも教えてあげて・・・。

とは言っても、タイピング先進国のアメリカの場合。
ドキュメンタリーでしたけど、独学で学ばれた方がおりまして。
ちょっと太目のおじさんでした。
何と、左右の人差し指だけでタイピングしてらっしゃるッ!
しかも、めっちゃ速い!
キーボードを見ながらとは言え、合計指二本とは思えないほどの速度に玄人を感じたものです。

しかし、自分がタイピング出来るからって、一々そんな事に注目してしまうなんて・・・。
まったく悪い癖だわ。
いったい何様のつもりなんでしょうかね・・・私・・・・・。

あと、漫画とかでもキーボードが描かれたりしてると、一々、文字配列を確認したりしてます。
正解は・・・あまりなかった・・・。
特別な仕様じゃないかぎりパッと見で判りますので。
という事は・・・案外、殆ど特別仕様なのかも・・・?
考えが甘かったようでした。

あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すねパンチ。

この癖は、私以外にやる人がいないような気がします。

家のお風呂で、浴槽で足を伸ばして体を温めていると、どうしてもスネを殴ってしまいます。

・・・・変でしょ?

私の家の浴槽はそんなに大きくないので、脚を七割くらいしか伸ばせません。

そして、浴槽の縁に足を乗せると、丁度良く手を伸ばした所にスネがありまして。

そこを、振り子のように腕を振り上げて、そのまま。

ガチーン!と殴りつけます。

でも・・・全然痛くありません。

私、昔、自主的に正座生活をしておりましたので、スネの一部分が非常に鈍くなってしまいまして。

スネをヒザから三つに分けて。

三分の一と三分の二の境目辺りの部分がですね。

しかし、この癖は何の役にも立ちません。

正直、意味が分かりませんから。

殴りつけると、結構浴室全体が揺れますから、毎回、転んでいるのかと思われているのかもしれません。

って、今回の記事は何なんだろうな・・・・。

悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自慢か癖か。

よく筋肉に自信のある人は、腕に力を入れて力こぶを見せたりします。

人はそれを自慢だという。

しかし、それをやっている本人はあまり自慢だという意識は無いはずです。

何故なら、それは誰も見ていないときにもやるのですから。

自慢はあくまで自分以外の誰かが近くにいる所で意図的にやる、
という条件でのみ成立すると思います。

例えば、本屋とかで友人に話すフリをして少し大きめに、
「俺って某一流○○大学だからさ~」
なんて言ってたら、まず自慢です。
それは、自慢の意識でそういう言い方になったと思われます。

それを誰もいない自分の部屋などで言ってたら(独り言ね。)、
気がちょっとヤ○゙イのかもしれません。

しかし、筋肉は誰も見ていなくてもやります。
もちろん最初は意識して収縮させますが、
何度も繰り返すうちに習慣になり、
そして癖になります。
癖とは意識しないで行動するものだと私は思います。
(因みに筋肉を収縮させてコントロールするトレーニング法は、アイソテンション法。)

そうです、筋肉野郎がむやみやたらに力こぶを作るのは、

癖なんです。

癖だから自慢ではないです。

強いて言えば貧乏ゆすりとか、首を回すとかとあまり変わらないです。

誰もそんなのを自慢だと思わないです。

だから意図的に筋肉を見せ付けるといった行動以外は、
癖なんだと思って気にしないでください。

悪しからず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私の口癖

私は、何気なく使ってしまう言葉があります。
それは 
「伝説」
と言う言葉です。

それはもう、使いすぎの域に入っているのかもしれません。

友達と遊びに行っても、
「おお、こんな所に伝説の店が!」(ただのラーメン屋)
とか
伝説の本を探している」(ただの漫画)
とか
「あの人は、伝説の人だ」(ただの友人)
とかね。

何か自分の興味を引く物や人など、
とにかく使います。

そこで、私は、伝説と言う言葉を調べてみました。
すると、
{古くから語り伝えられてきた話}

{古来から、人から人へと言い伝えられてきた話や噂}
と言うのがありました。

うーん、私の伝説は、古くない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の癖

私は、嫌な事や恥ずかしかった事などを思い出したり、
思いついたりする度に、軽く自分にビンタします。
勿論、失敗したときもします。
何故なら、私という人間は、マイナスのことを
考えたりすると、連鎖反応で次から次と、
嫌な事や、失敗したことなどを思ってしまいます。

それを断ち切るために外部からショックを与えることを
思いつき、実践してみました。

すると、どうだろう、バシッと軽くではありますが、
引っ叩くと、嫌な事を忘れると言うほどではないにしろ
それ以上考えなくなるという現象が起きました。

いいじゃないですか。

それからというもの、何かアクションがある度に、
自分の顔を叩き続けています。

そして遂に、恥ずかしい事などのマイナスでは無く、
プラスの事でも叩くということになってしまいました。

癖って凄いね!!!  

| | コメント (2) | トラックバック (1)